HOME みんなはどうしてる? 自分を知る なりたい自分 試してみよう

セカンドキャリアWeb〜アスリートのセカンドキャリアを考える〜

セカンドキャリア問題とは?

セカンドキャリア問題 イメージ 長い人生の一時期をトップレベルの競技に集中できる人はそう多くありません。
それはとても貴重な経験です。
しかし、アスリートの競技生活にはいつか終りが訪れます。

競技引退後の第二の人生、セカンドキャリア。
競技生活がどんなに充実していても競技だけに集中することが、引退後の人生のリスクになるのでは元も子もありません。

ではどうしたらよいのでしょうか。方法は二つあります。

ひとつは、引退後の生活に備えて現役アスリートを支援する社会的な仕組みを作ること。すでに曰本でも、こうした取り組みは始まっています。

そしてもうひとつは、アスリート自身が変わること。支援の制度があっても、アスリート自身が問題を知らなくては意味がありません。

あなたも一緒に考えてみませんか?

続きはこちらから


What's New

2007.12.19 「社会に活きるスポーツキャリア:ヨーコ・ゼッターランドさん」を掲載しました。
2007.12.12 「諸外国のセカンドキャリア対策状況:コラム」を掲載しました。
2007.12.06 「社会に活きるスポーツキャリア:川合レオさん」を掲載しました。
2007.12.03 「諸外国のセカンドキャリア対策状況:コラム」を掲載しました。
2007.11.13 「諸外国のセカンドキャリア対策状況:コラム」を掲載しました。
「社会に活きるスポーツキャリア:徳野涼子さん」を掲載しました。
2007.11.09 「新聞記事から」を掲載しました。
2007.10.31 「諸外国のセカンドキャリア対策状況:コラム」を掲載しました。
2007.10.24 「社会に活きるスポーツキャリア:西野努さん」を掲載しました。
2007.10.17 「試してみよう」のページがオープンしました。
英会話やPCスキルなどのeラーニングコース、アスリートのタイムマネジメントなどのアスリート・コーチ向けスキルアップコンテンツが無料でご利用になれます。
  「諸外国のセカンドキャリア対策状況:コラム」を掲載しました。
2007.10.16 「社会に活きるスポーツキャリア:志水見千子さん」を掲載しました。
2007.10.03 本日オープンしました。
セカンドキャリアWeb、本日オープンいたしました。このサイトは、トップアスリートのセカンドキャリアに関する他国の事例などの情報を提供させていただき、ご覧いただく皆さんと一緒にこの問題を考えていくことを目的に開設いたしました。皆さんからのご意見、ご感想をお寄せいただければ大変うれしいです。どうぞよろしくお願い致します。
諸外国のセカンドキャリア対策状況
セカンドキャリア問題のない国(ノルウェー 文化・教会省)
最終回では、ノルウェーのセカンドキャリア事情を紹介したいと思います。ノルウェーといえば、冬季オリンピック競技大会での強豪国の一つで、2006年トリノ大会こそ成績が振るいませんでしたが...
続きはこちらから
社会に活きるスポーツキャリア
コミュニケーションスキル(ヨーコ・ゼッターランドさん)
1969年アメリカ(サンフランシスコ)生まれ。91年2月、単身渡米し、アメリカナショナルチーム入り。全米代表として92年バルセロナ五輪で銅メダルを獲得し、96年アトランタ五輪にも連続出場した、ヨーコ・ゼッターランドさんにインタビューしました。
続きはこちらから
新聞記事から
ご意見お待ちしています